もうはやあと今年も78時間ほど。

年末年始は、TVや劇場で新旧の映画に接する機会が多いですよねぇ。

ちなみに最近、気になっている俳優が、ケビン・ベーコンです。

「フットルース」を見たときから(20年くらい前です…)なんだか印象に残っていたのですが、その後「激流」や「インビジブル」などで陰のある、奥が深くかつ不気味な、でもどこか憎めないヒールを演じてきてすっかりこの手の役では第一人者(というより、新しいジャンルを開いたような…)かと思っていたら、またまた同じような役を演じた映画が間もなく封切られるようで…。

「ケビン・ベーコン」、これからも注目していきたいと思っています。