映画「ホテルビーナス」(タカハタ秀太監督)が27日、第26回モスクワ国際映画祭の「パースペクティブ部門(新人監督部門)」で最優秀賞を受賞したクラッカー

是枝裕和監督の「誰も知らない」に主演し、カンヌ史上最年少で最優秀男優賞に選ばれた柳楽優弥に続いての快挙で、またしても「日本映画は、アニメだけではない!」と世界に認めさせた音量

「ホテルビーナス」では、SMAPの草ナギ剛が、主演している。

カンヌとSMAP。
カンヌまで乗り込み、「病み付きになりそう」と言い放った(?)木村拓也は、この二つの受賞で内心穏やかでないでしょうねぇ。

草ナギ剛が「いい人」なだけに、「カッコ良さ」が売りの木村拓也としては辛いところだろうと勘ぐるのは私だけでしょうか?