川端通りを通るたびに川向こうの建物を眺めながら、「一度は行ってみたい!」と思っていたリバーオリエンタルが会場だったのとお世話になっているomo/もりたもとこのもりたもとこさんがパネラーで参加されるということで、雪が降るあいにくの天気だったんですが、(予定がいろいろ詰まっていたためバイクで)「伝統工芸ビジネス交流会」に参加してきました。

181b6eb5.jpg

 
 J-WAVEのパーソナリティやモノマガジンのライターをされている島田昭彦氏の軽妙なナビゲートのもと、京都で活躍しているPOPな伝統工芸作家の方が次々と紹介され、いつものことながら40年暮らしているくせにまだまだ知らない京都があるということを教わりました。
 
 そういう意味では、今回 会場になったリバーオリエンタルは5年前に料理旅館から改装された古くて新しい施設で、まさに今回の会場に「ドンピ」だったかと思います。

 また参加者も比較的若い方が多く、こういった世代から「伝統」という伝家の宝刀を意識するようになっているということに逞しさを感じました。

 しかし、このリバーオリエンタルってなかなか面白い作りです。まるで「千と千尋」の世界のようでした。

 木屋町通りをずっと走っていたにも関わらず、道に面している建物の前を通り過ぎてしまいました。もし「行こう!」と思われる方は、場所をよく確認されてから行かれるのがよろしいかと・・・タクシーの運転手さんでさえ見逃すという話ですから・・・。