11月11日(金)に、「京都デザインマネジメントシンポジウム2005」に参加してきました。

db0f322f.jpg


第2部
パネルディスカッション 
「企業に必要なデザインマインド~経営にデザインを取り入れる~」
コーディネーター
立命館大学経営学部 環境・デザインインスティテュート教授 佐藤 典司 氏

パネリスト
(株)HAKUHODO DESIGN 代表取締役社長 永井 一史 氏
(株)クールアース 代表取締役社長 蟻田 尚邦 氏

からの参加になったのですが、会場は満員御礼状態で空いている席を探すのがやっとの状態でした。

 パネルディスカッション後の交流会に参加してわかったのですが、参加者の多くが学生さんでした。
 たぶん学生さんいとっては、単なる憧れのような内容だったかと思いますが、いまのうちからデザインマネジメントに関心を持っておくときっと社会に出たときに役に立つ時がくると思います。

 センスは磨けば身に付きますが、磨かなければ光りません。
 学生さんには、ぜひ継続していろいろなことを体験して欲しいと思います。