1月9日に行われた全国高校サッカー選手権で、滋賀県の野洲高校が優勝しました!
 高校ラグビーは伏見工業が優勝し、京滋の高校スポーツ界はとってもがんばっています。
 
 国立であった高校サッカーの決勝戦をテレビ観戦していたのですが、なかなか見ごたえのある面白いゲームでした。
 底力で勝る短髪選手が揃う鹿実の波状攻撃を身体を張って食い止め、スキあらば長い髪をなびかせながらドリブルや細かいパスワークで鹿実ゴールを襲うプレースタイルは見ていて、「日本の高校サッカーが変わるかも」と感じさせてくれるとても楽しめるゲームだったと思います。

 でも一番印象に残ったのは、ゲーム終了のホイッスルと同時に地面に崩れ落ちた鹿実の選手の背中をたたいて回り、健闘を称える野洲高校の選手の姿でした。
 野洲高校の選手の本当の強さは、この「スポーツマンシップにあったのだなぁ」とそのとき感じました。一部の格闘技系の選手には見習って欲しいと思います。

 しかし京滋の高校スポーツでは結果が出ているんですが、大学ラグビーやアメフットは残念な結果で終わっています。
 ぜひ来シーズンは、大学スポーツも結果を出して欲しいものです。
 フレー、フレー?!

ドリームゲート登録アドバイザー
戦略プランナー21(理事)