W杯初戦、オーストラリア戦では残念ながら、勝利を収めることはできませんでした。

 「ヒディングの戦略 V.S. 日本の底力」が見所かと思っていたのですが、「まんまの日本攻略法」に、その「まんまはまってしまった」ような敗戦で、ちょっと怒る気も失せてしまったのが正直なところでした。

 日本の位置はともかく、普通に考えればF組の実力は、「ブラジル>クロアチア>オーストラリア」でしょうから、このオーストラリアに 3-1 というのはやはり致命的ですねぇ。

 こうなればぜひとも「韓国、イラン、サウジ」には頑張ってもらいたいと思います。


 でもこのまま巻選手の出番がないくらいなら、「一か八かで、久保選手」を連れて行って欲しかったですね。

 まぁ、いまさら言っても仕方ないですが・・・「久保のビデオ」を見ていたら本当に涙が出てきました。
 


 W杯に出場したことで、日本国や日本人が世界中の人の目に映る機会が増えたわけですが、日本人気質ってどうんな風に移っているんでしょうか?
 
 「浪花節」って、世界にも通じるんでしょうか?

 個人的には、やはりジーコ監督では、「いまの日本が世界で結果を残すチームにする」には時期尚早だったと思いますが、もっとも責任があるのは、「ジーコ監督批判に消極的だったメディア」と「サポ」だと思いますが・・・。

 とにかくあと残り2戦、頑張って欲しいと思います。
 フレー!フレー!!にっぽん!?
 清水仁志は、『ジーコ・ジャパン』を応援しています!!

054f681d.jpg



 しかし昨日のアルゼンチンのゲームは、凄かったですね。

 しかもアイマールの出番がないんですから、もう凄すぎです!?


 
 ※起業・独立開業や税金・税理士に関する情報は、「独立宣言’CAFE!」にも掲載しています。

 ※京都に関する情報は、「京都情報's CAFE!」にも掲載してあります。