ブラジルに1-4で敗戦したことにより、正式に1次リーグ敗退が決まりました。
 まぁ、オーストラリアに1-3で負けた時点で、ほぼわかっていたことですが・・・。


 しかし悔しいです。
 もちろん決勝トーナメントに進めなかったことは残念ですし、そこで世界の競合国と真剣勝負ができなかった日本フットボール界の損失は計り知れないものがあります。

 
 でも私が感じている悔しさは、それとは違います。
 
 今朝のブラジル戦を見た方はご存知かと思いますが、後半立て続けに得点をあげたブラジルはどんどん選手交代をして、ついにはGKまで交代したんです・・・負傷交代ではありません。

 もともと主力選手を温存しているブラジルチーム(といっても控えにロビーニョなんかがいるわけですが)だったのにです。
 ロナウジーニョなんかはへらへらと余裕でプレーしているし・・・彼はいつもそんな感じですが。


 完全に、ブラジルに舐められていました。

 これは、もう見ていて屈辱以外のなにものでもありませんでした。

 これが日本のフットボールの現実なんですが・・・。

 でも本当に悔しいのは、せっかくの黄金世代を上手く活かせないまま使いきり、若い世代の育成を犠牲にしてまでのぞんだのに1次リーグ敗退で終わり、今の時点で4年後にまったく期待できないことです。

 「4年間を返せ!」、「4年後をどうするんだ?」という気持ちでいっぱいです。



 これからのJFAの行動に注目・期待したいと思います。


 
 ※起業・独立開業や税金・税理士に関する情報は、「独立宣言’CAFE!」にも掲載しています。

 ※京都に関する情報は、「京都情報's CAFE!」にも掲載してあります。