普段街を歩いていたり、仕事をしていて、お店や企業さんなどに「クリエイティビティが足りない」と感じることが少なく、ここにビジネスチャンスがあると感じていたので、このたび「京都広告塾」に入塾することにしました。 
 
 これまでの仕事と違い、税理士業を始めてから「センスを磨く機会が減った」というのがきっかけです。
 
 第一回目が先日開催されました。
 
 「人にモノをつたえるということ」というテーマで、講師は、あの何度でも見たくなる愉快なホットペッパーやキンチョー、ギャツビーなどのCMのプランナーとして有名な、山崎隆明先生でした。
 
e56d40e1.jpg



 山崎氏のCMは商品を購入するかはともかく、「心に残る、見たいCM」であるのは間違いないかと思います。


 つまりは、
 「認知度」、「知名度」のアップ。
 「商品やメーカーに対する親近感の向上」。 
 につながるCMだと言えると思います。

 そしてどの商品も似たり寄ったりである現状を鑑みれば、これらの要素は商品の選択動機としてとても有効となってきます。



 初めて山崎氏とお話させていただいたのですが、とても丁寧にフランクに接していただきました。

 いつも感じることですが、「輝いている人は、本当に目が輝いています」ね。

 久しぶりに、リスペクトできる方にお会いし、とても刺激を受けました。



   ※起業・独立開業や税金・税理士に関する情報は、「独立宣言’CAFE!」にも掲載しています。



  ※京都に関する情報は、「京都情報's CAFE!」にも掲載してあります。