今朝、新聞を見ていて黒木靖夫さんが亡くなられたことを知りました。

 黒木靖夫さんいえばあの「ウォークマン」の生みの親として知られているほか、「SONY」のロゴを手がけられたことでも有名です。


 以前、大学院でデザインマネジメントの勉強をしていたときに黒木さんとお会いさせていただき、「デザイナー主導でのウォークマン開発」のお話や「SONYのロゴを変えようと思ったことがあったけど結局、今のSONYのロゴよりいいものが見当たらなかった」というお話をお伺いしたのを今でも覚えています。

 一度、お食事をさせていただいたのですが、ソニーの取締役まで勤められた方ですが、あっけらかんとした性格の方で気軽にお話をさせていただきました。
 「いまどきタバコを吸うのは、カッコ悪い」とおっしゃりながら、それでも吸われていました…。


 私は、「いまどきタバコを吸う人は、時代が読めていない人だ」と常々思っていたのですが、「あぁ、こういう人もいるんだぁ」と思ったものでした。

 黒木さんは、胃がんで亡くなられたそうです。


 税理士になった今でも黒木さんの意志を引き継ぎ(?)、マネジメントに対するクリエイティブの必要性を感じて、デザインや広告などの勉強を続けているといっても過言ではないかも知れません(今日の広告塾の講師は、秋元康さんです)。

 
 黒木靖夫さんのご冥福をお祈り申し上げます。


  ※起業・独立開業や税金・税理士に関する情報は、「独立宣言’CAFE!」にも掲載しています。



  ※京都に関する情報は、「京都情報's CAFE!」にも掲載してあります。