今日は、朝7時に出勤しました。

 早起きは気持ちはいいんですが、風邪を引いていることもあってか朝から頭がぼっとしていたので、事務所に向かう途中でマクドに寄ってコーヒーを買いました。

 もちろん、Sサイズですが100円です。

 以前、新聞にも出ていましたがアメリカの消費者テスターが、「スタバのコーヒーより、マクドのコーヒーの方が美味しい」というレポートを発表したそうです。
 
 私もマクドのコーヒーは、美味しいと思います。


 こんど出来たマックカフェは、コーヒーが100円以上するようですが、既存店のマクドのコーヒーとで中身に違いはあるんでしょうか?

 同じ会社で同じモノなのに、売る店舗によって価格が違うってことはないかと思うんですが・・・。


 今朝の日経新聞によりますと、ロッテリアさんもマクドナルドさんに対抗して100円メニューを作られる(値下げ)ようですが、その中にコーヒーははいってないようです。

 やはり100円コーヒーというのは、無理があるんでしょうねぇ。



 私は常日頃、「モノには、適正な価格がある。安ければ言い訳ではない」と言っているのですが、そのくせ現実は安いモノに心を奪われてしまいます。

 マクドの100円コーヒーの向こうには、酷使されているマクドのパートの方やグァテマラ(?)のコーヒー農園で働く方の涙が隠れているんだと思います。

 
 世界中のマクドナルドやコーヒーチェーン店が、サステイナブル・コーヒーに目を向けるようになって欲しいものですね。
 
 そのためには消費者が、そういった観点からモノを選ぶようにならないと無理ですが・・・。





  ※起業・独立開業や税金・税理士に関する情報は、「独立宣言’CAFE!」にも掲載しています。



  ※京都に関する情報は、「京都情報's CAFE!」にも掲載してあります。